トシちゃん聖子ちゃんレビュー時々寝言

ざっくり思い出を掘り返します。

渚のバルコニー/松田聖子

午後は長いねー。今日の仕事もとっとと終わらせました。

次、「渚のバルコニー」です。いつの間にか私も中3。大昔だけどw

渚のバルコニーで待ってて ラベンダーの 夜明けの海が見たいの そして秘密…

これまたパキパキ歌ってて聖子ちゃん節炸裂。やっぱり夏妄想女な聖子ちゃんが好きですわ。

渚のバルコニーってさ、例えば渚のホテルのバルコニーとか。バルコニーだけ言われてもどこで待ってりゃいいのか。まあ渚にそういうもんがあるんだろうね。そしてそっからラベンダーの夜明けの海!これは夜明け前なんだか前の夜なんだかわかりません。でも彼的に「待ってて」とか「見たいの」とか「そして秘密」とかまた上から物言う聖子ちゃんがかっこよすぎて死ぬ。

♪右手に缶コーラ 左手には白いサンダル ジーンズを濡らして 泳ぐあなたあきれて見てる

ここはシーンが変わるんですね。缶コーラとか最近飲む人いないどころか売ってなくない?炭酸抜けるだろ!とかいう変な事は考えず、でもコーラってなんかダサくない?聖子ちゃんだよ?もしやまだ未成年?もう誰が何歳年齢詐称してんのかわかんなくなってきた。で、左手には白いサンダル持って、ジーンズも脱がずに泳ぐ彼的(うわーw)をあきれてみてる!!呆れてる聖子ちゃんがほんとは呆れてないのは百も承知さ!うっかりかっこいい私の彼なんて思ってるんだよどうせ。

♪馬鹿ね呼んでも無駄よ 水着持ってない

なんか「みーずぎぃ、もってないーー」っとちょっとお恥ずかし系な歌声。彼が「一緒に泳ごうぜ~」ってご機嫌()に手を振っても私は水着もってないのよ、何言っちゃってるのよ、ってまた上から。私もワンピース濡らして泳いじゃおうかしらとかは思わなかったのかね。

渚のバルコニーで待ってて やがて朝が 霧のヴェールで二人を 包みこむわ

やっぱりこれ明け方ソング。朝が霧のヴェールで二人を包み込むんですもの。あなたは渚のバルコニーで待ってりゃいいの!って感じが素敵。

♪I love you so love you もう離さないで Um…あなたを愛してる

おっとー。自分からあいらぶゆー宣言。大好きなのに上から目線。聖子ちゃんの真骨頂。呆れてしまうような彼なのに、う~ん、あーなたをーあーいーしーてーどぅーーー♪と、う~んまでつけて言ってしまう聖子ちゃん。私が推測するにここは彼には言ってないんじゃなかろうか。偉そうにしてたいもんねー♪

♪海沿いのカーブで 走り過ぎる車数えた キスしてもいいのよ 黙ってるとこわれそうなの

これは渚のバルコニーから道を見ているんだろうか。車を数えだしたってことは相当会話が弾んでない。悲しい。でも心の中では「キスしてもいいのよ」って言っちゃう聖子ちゃん。黙ってるとこの状況が壊れそうってことかね。キスしてもいいのよなんて彼に絶対言わないはず。ここは深いですね。

♪砂の浮いた道路は 夏に続いてる

見てた道路に砂が浮いてるのか。あんまり綺麗じゃないね。渚のバルコニーはもしかしてただの海の家なのかもしれない。夏に続く道路って言葉好き。ていうか私はかなり聖子ちゃんの夏歌に影響を受けて育ったので夏はどんなに暑くても冬よりましです。ずっと夏だったらいいのにと思う事もしばしば。洗濯するタイミングを失う梅雨は大嫌いだけど。まあ夏に向かって進んでるわけですね。

渚のバルコニーで待ってて ラベンダーの 夜明けの海が好きなの そして秘密

微妙に違うのが「夜明けの海が好きなの」ですね。待ってて。好きなんだ~付き合いなさいよ。そして秘密。とまあ出てくる出てくる聖子ちゃん目線。私もしかしたらどSかも知れません。ていうか聖子ちゃんが彼にお願いっていうか命令っていうかそうゆう感じがすきーなの。そーしてひみーつー♪

♪I love you so love you ほら愛のベル Ah…心にひびいてる

またもやのあいらぶゆー宣言。愛のベルとは結婚式か?心に響いちゃってるし。もうトシちゃんといい聖子ちゃんといい、結婚したがりさんで困るね。この頃は付き合ってすぐに結婚ってのが流行ってたのでしょうか。逆プロポーズだな。後悔すんなよww

♪I love you so love you もう離さないで Um…あなたを愛してる

またもやのあいらぶゆー宣言。聖子ちゃん愛してるって何回も言うほど大好きな彼なのに彼からの反応がないのが気になる。結婚まで考えてるとは彼はちっとも思ってないでしょうね。ちょっと怖い。ホラーです。でもアホみたくジーンズのまま泳ぐ彼なんで、頭脳系より肉体系の頭なんでしょうね。それがちょっとやきもきする聖子ちゃんきゃわ。

♪きっときっとよ ひとりで来てね 指切りしてね そして秘密…

これ、各フレーズの前に「なーぎさのばるーこにーでー、待ってて」ってお姉さんの声で入って追いかけっこな歌になってます。

きっときっとはわかる。ただ「ひとりで来てね」ってちょっと!!いくら体育会系の筋肉頭でも友達とか連れて来ちゃうのは誰がどう見ても反則だろうに。

逆に彼的はちょっとびびりで一人で行けないよ~ってな人ならわかる。聖子ちゃんって赤いスイートピーでも「ちょっぴり気が弱いけど」とか言ってたし、気弱男好きなのかも。そして全部自分の思い通りにしてみせるわ!って毎日やる気満々なんだろうか。指切りするんでしょ…ちょほんとにこの男まったく信頼されてないけど大丈夫なんだろうか。ってか付き合ってもう長いか。どっちか。指切りなんて付き合ってない人なんかとしないでしょうから付き合って長いのかな。でも初指切りby聖子ちゃんの上から目線ってのも考えられる。とにかく彼は私のこと大好きなんだからっ!って思ってるよね。そんな状況で「そして秘密…」が気になって寝れません。とにかく夜明けの海がみたいんだから彼は相当早く起きて聖子ちゃんのもとに参上しなければならない。

この曲いい感じで聖子ちゃんがあいらぶゆーばっかり言ってるようにみえて聖子ちゃんが振り回されてる可能性もあるすごい深い曲で大好きです。