読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トシちゃん聖子ちゃんレビュー時々寝言

ざっくり思い出を掘り返します。

瞳はダイアモンド/松田聖子

トシちゃんを続けて書いたので、今度は聖子ちゃんを続けて書きます。なんかこの頃の聖子ちゃんって病んでる?世紀の大失恋の時ぐらいかね。あの頃ってほんとくっついても別れても会見やんなきゃいけなかったから大変だよね。今なんてしれっとツイッターとかに流しとけば終わりでしょ。ちなみに私の母子手帳に母親が私の生まれた日に日記みたいの書いてて、「大好きな石坂浩二が婚約した日」とか書いてておかーさん!と思ったのを思い出すわ。

というわけで悲しみソング「瞳はダイアモンド」です。両A面で「蒼いフォトグラフ」でした。これなんかの主題歌だったわ。

♪愛してたって 言わないで…
これ「ちゃーらーらーらー」のあといきなり歌い始めます。こんな悲しみ溢れる歌詞なのに短調じゃないってところが余計に悲しい。から元気っぽくて。ここはスローテンポで間奏でちょっと早くなる。まあ別れを告げられちゃった聖子ちゃんにかける言葉もありません。

♪映画色の街 美しい日々が 切れ切れに映る いつ過去形に変わったの?
映画色。出ました世界観。まあ綺麗な感じの街なんだろうね。きっと聖子ちゃんのなかでは地中海とかそんな凡人が知らないようなとこを思ってそう。そこでの美しい日々が切れ切れにって走馬灯のようにって事ですよね。過去形=愛してたって事ですね。いつから嫌いになってたの?ってそれは私も聞きたいところだよ。

♪あなたの傘から飛びだしたシグナル 背中に感じた 追いかけてくれる 優しさも無い
あなたの傘からシグナル??なんのこっちゃですわ。もしや聖子ちゃんが彼の傘に入ってて、飛び出してきちゃったんでしょうか。それにしてもシグナルがわからない。「ごめんね、あはは!」なんて明るく言われちゃ台無しですがw聖子ちゃんが傘から飛び出した時にシグナル受けちゃったんでしょうか。もう愛されてないって。聖子ちゃんは傘さしてなくて濡れ鼠なはずなのに、追いかけない彼ったら鬼だな!ほんと嫌いになると鬼に豹変する人嫌い!聖子ちゃん可哀想。

♪ああ 泣かないで MEMORIES 幾千粒の雨の矢たち 見上げながら うるんだ 瞳はダイアモンド
自分に「思い出泣かないで」って言っちゃう聖子ちゃんひどく可哀想。やっぱり幾千粒の雨の矢に刺されまくってるんだ。ここにひょい!っと新しい彼出てくればいつもの聖子ちゃんが見れるのに。ただただ打ちひしがれてる聖子ちゃん。もしや自分に酔ってる感が垣間見えるね。うるんだ瞳はダイヤモンド見て地中海的なとこで「綺麗だな」と思って声かけてくる人がいればいいのに。まあ酔ってるようだからちょっと放置してあげよう。

♪哀しいうわさも 微笑い飛ばしたの あなたに限って 裏切ることはないわって
そんな哀しい噂聞いたらみんな「え?」とか「あの野郎」的に思いますよね。あなたを信じすぎです聖子ちゃん。まあ今まで男を手玉に取って転がしてきた聖子ちゃんだからそんなわけない!プリッ!ってぐらいに思ったのかも。まあなんか聖子ちゃんソングで失恋ソング書くの初めてかも。

♪でもあなたの眼を覗きこんだ時 黒い雨雲が 二人の青空 消すのが見えた
あなたったらひどい!!へらへらかわしまくって、ちょっとちゃんと私の眼をみて!!ってなった時には「もう好きじゃないよビーム」が出てたんでしょうね。聖子ちゃんを困らせる大変な奴が現れたもんだ。

♪ああ 揺れないで MEMORIES 時の流れが 傷つけても 傷つかない心は 小さなダイアモンド
これは涙涙ですねぇ。思い出揺れないで。時が流れて彼が私の事嫌いになったとしても傷つかない心!もう健康第一的に聖子ちゃんには上からでいて欲しいので、小さなダイアモンドであるけれど傷つかないんだね!ここマジやっぱり聖子ちゃんだわーと思える瞬間。

♪ああ 泣かないで MEMORIES 私はもっと 強いはずよ でもあふれて止まらぬ 涙はダイアモンド
私はもっと強いはずよ←知ってますwwまあ涙は止まらないダイアモンドだけどその泣いてる聖子ちゃんに声をかけてくる地中海男がたくさんいると思うんだけど。まあ涙は武器だしそれを売りにして聖子ちゃんはこれからも男ころがし上から目線のやんちゃな()女として生きていくと思うから心配ご無用ですね。